2017年6月24日土曜日

ミラーレス Lマウント 沈胴レンズを使う

ミラーレス いろんなレンズをくっつける

今回はこれ Lマウント しかも沈胴タイプのちっちゃなレンズ 110グラム


クラシカルそのもの!! 本家ライカのレンズは置いといて こちらはロシアレンズ

   FED 3.5/50 Collapsible Lens



それに角型フードをくっつける

今週出かけたときに ジャンク屋台の中から見つけたフード 当日このレンズ持参しなかったのでくっつくかどうかは不明だったのだが
なんとピッタリじゃないですか。

ネットで調べたら
 マミヤ35のカメラがありその付属 レンズの総金属製レンズフードのようだ

ただしこのレンズだとピント合わせでレンズそのものが回転するため取り付けたフードも一緒に回る。
ピント合わせの都度フードもセットしなおさなくてはならない。
こういう手間ものんびり撮影ということで余裕ですわ 撮影も!!(苦笑)

でも実際は絞り解放で使うので、その心配もないかもね

このレンズで注意すべきことが二つある。
一つ目 これ重大:沈胴したときに 撮像素子(CCD)にぶつかり 傷をつけてしまうかも
この辺りは自己責任ですぞ!!

このレンズを初めて使うときは、緊張します 沈胴した時? ピントはどうやって合わせる時の操作?、そして絞りの設定? 

姿形からも 写す楽しみ  操作する楽しみ レンズ本体を眺める楽しみ(笑)

では撮影サンプル

やはり周囲が回ってます 光ボケが楕円形ですね
もっと陽射しがあってキラキラしてると顕著に出るんでしょうね グルグルが

もう一枚

おまけ


 


 このレンズの使用上の注意点

その1 : マウントアダプターにピント操作のレバーピンが当たる
下の写真のピントレバーの構造によっては、矢印の位置にでっぱりがありマウントアダプターに当たって無限にピントが合わない場合があるので要注意
私の場合もでっぱりがあり(たぶんFEDの初期タイプ)レンズ交換してもらった。











その2:沈胴した場合マウントアダプター面から出っ張り(カメラ本体側にでっぱり)が起こる。
これによりカメラ本体のCCDに当たればカメラがオシャカニなるので最も注意が必要
ネットなどであらかじめ調べる必要がある。今回は取り付けてあるので壊れていない。

おまけ  ピント合わせはここのレバーを回す無限ではロックされているのでちょっと固め


ピントの回転でのピント距離はここでわかる
ただα7Ⅱの場合はピント合わせのピーキング表示を設定すればピント合わせの確認が簡単にできる。


持ち運ぶときなど無限にセットすれば絞りリングが動かない
①のレバーを手前にカチッとはまるまで回すその時のピントは③の∞の位置になる
ちなみにこのレンズのピント一は②のくぼみで表している(上の写真のピント位置)

せいぜい楽しんでください

2017年6月22日木曜日

遅れに遅れて ミラーレスカメラがきました

中古レンズが亡くなっちゃう!!
そんな衝撃を残した  ミラーレス SONY α7  フルサイズのカメラ


中古レンズ市場が大きく動いたことは確かです。
M42のOLDレンズを購入し始めたのが、2006.02月
当時はオリンパスとアダプターで使用しているか、cannonもいたなぁ~~~
HELIOS-40-2 1.5/85もまだ三万円弱
Meyer-Optik Gorlitz Trioplan 2.8/100も一万円そこそこくらいだった。
それが今では、それぞれ6万円弱、10万円弱いやはやなんという・・・・
2017・04・07に
出遅れること、はなはだしいがようやく手元に  

α7Ⅱ これで OLDレンズの利用環境が格段に増えた ますますレンズ沼へ
アダプターもどんどん必要になるのだが、中国製が幅を利かし精度も上がってきたし、価格も下がってきた。
楽しめます。    しばらくはLマウント ロシアレンズだね
今日はM42レンズですが
その雄姿を撮ってみた(笑)

M42ヘリコイドアダプターに  Meyer - Optik Görlitz   Primoplan 1.9/58  をくっつけた  



今度はレンズフードを角型をくっつけてみた このフード500円でした


こんな楽しみ方もある oldレンズとジャンクフード(レンズ保護にもなるよん)

サンプル画像
 α7Ⅱ Meyer - Optik Görlitz   Primoplan 1.9/58


2017年1月31日火曜日

実に久々 

カメラも手にしなかったここ1年間。

漸く毎日一万歩散歩を目指して歩いています。その時持参するお伴がデジカメなのです。

そのお友達カメラがそろそろ寿命なので、デジカメを新調することにした。
だいぶ撮影しましたからね。 部品もすべて交換した感じです。
何回シャッターおしたかな? と調べてみたら 何と6万枚以上だと・・・・?


片手で持てて、簡単にパシャパシャできるものを物色。
もともと持っていた、sony  DSC-HX5 と同じ流れの DSC-HX60V にした。
2014.02の発売なので3年前近くになるので、購入価格も落ち着いているので、諭吉君3枚以下でゲットできた。

DSC-HX5は 2010.11ゲットなので取得期間6年以上の期間がある。
3年前の発売といっても、その機能たるや驚くほど多い。

DSC-HX5はX10 だが DSC-HX60VはX30となる。
広角25mmから望遠250mm  だったものが  広角24mmから望遠720mm の光学ズームデジタルズームもあるので120倍までゆけるとか。 画質は?がつくけど。

重量 203グラム から 275グラム (実測値 SDメモリー 電池 ストラップ込み)

一回りデカい  レンズもデカいね


ここでのポイントは動画撮影ONのボタンの位置 中心に赤い点のボタン
これがどうもいただけない。間違って押してしまう位置なのだ。60Vの位置は最悪。
片手でもって操作するとついつい押してしまう。

正面から見るとあまり大きな差が見えないけど



電源ONの状態で飛び出す大きさデカい。 これだけいかつい感じが出る 


望遠側になるとこれだけ違う。250mm 720mmの違い。
ズーム最大時のレンズの出っ張りが半端ない。X10 と X30の違いがくっきり。



 バッテリーは随分と小さくなった。


HX5はGPSの方位迄記録できたのだが、HX60VはGPSだけになった。

HX5  :10.2MEGA PIXELS  発売2010.03.05
HX60V:20.4MEGA PIXELS  発売2014.03.07

発売時期で4年の間隔があります。
今回の購入は、HX60Vの発売からはや3年が経過しています。
カメラの性能的には高くなっています。

付属品が相当にコストダウンしています。
バッテリーの充電器がUSB本体接続になってしまいました。
スマホやタブレットの充電方式と考えれば当たり前なのでしょうが、今まで予備のバッテリーは充電器にセットして行っていたのでちょっと違和感がある。

撮影した画像は、USBケーブル接続でPCへ転送または、SDメモリーカードを抜き取ってPCへ接続して行っていた。
今度のHX60Vは、Wi-Fi接続でPCへ

これもスマホなどの流れがあるんだろうね。 デジカメの取り扱い方が大きく変わってしまった。
画像にかかわる機能も大幅に増加。
マニュアル読まないと解らないことも多い。
ピクチャーエフェクトなるものも入っているし。


**2017.02.04**
撮影画像の保存手段
1)メモリーカードをPCに接続し取り込み
  その都度メモリーカードを外さないとならない。
2)カメラボディをUSBケーブルに接続しPCに取り込み
  ケーブルをその都度接続しなければならない。
3)カメラをWi-Hiに接続し、PCに取り込み
  カメラメニューから取り込み操作をするだけ

今回3)Wi-Hi接続し取り込む方法で取り込んでいるがこれが一番物理的にコネクターなどの接続をしないで済むのでその部品トラブルが少なくて済むなどと思い込んでいる。
がしかし、電池の充電はどうするのといわれるとつらい。USBコネクターを使うからである。
このカメラの付属品には、充電器が同梱されていない。

アクセサリーで購入すると電池一個込みではあるが、定価で一万円近いし、価格COMで最安値7000円くらいする。

予備のバッテリーはカメラオーダーと同時に、AMAZONで購入していたので、いまさら購入するのもなどと
つづく









2015年9月4日金曜日

カメラ ミラーはずれ対策 と その結果

デジタル一眼レフの 動作環境 なるものがCANON NIKON OLYMPUS  FUJIFILM PANASONIC にはあります。

0℃~+40℃  とか 
E-M5 Mark II では -10 ~+40℃(動作時)、-20~+60℃(保存時)とあります。

PENTAX SONY にはありません。(ざっと見た中では)


四十度が限界 とみるとして、この暑さの中ではカメラボディへの直射日光が当たり、かつ内部では画像処理のCPUが動くとすれば、四十度なんてすぐ超過してしまう。

まずはカメラボディへの直射日光を遮ることが第一歩。
つぎにカメラボディを冷やすといっても簡単ではない。
天体撮影には専用のクーラーファンがあるようですが。

なぜ本体にそうした熱を放出する仕掛け装置を付けないのか。一説によるとそうした装置には特許ががんじがらめに縛ってしまっているとか。
三脚座のねじ止めを利用した冷却(NIKON) レンズマウントを利用(Canon)などなど。

我が愛用機のα77 これもだいぶ熱に弱い。カメラエラーの前に一瞬温度計マークが出る。この夏も出ました。これは冷やすか、カメラを覆うか、連写つまり撮影枚数を抑えるしかない。

<<<=== α900 ミラーはずれる。

そして暑さに強いと思い込んでいた愛用機のα900ですが、連写中にファインダーから被写体が消えた。8月2日の炎天下での出来事です。

レンズを外したら、パラパラ ヒラヒラ~~~と砂地の地面に落ちた。
拾いあげたらミラーでした。アララ~~~~状態。

その場の影はα77をあやすようにして撮影。カメラエラーは何とか回避できました。


そして帰宅ネット検索、”ミラー外れ” 
 デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D」をご使用のお客さまへ 5Dで外れる?。

同じα900ではないかな?
見つかりました同じα900のミラーはずれ記載のブログ。
それによりますと、プロ用耐衝撃 アロンアルファなるものでくっつけて対策済み。
とのこと。

そして、私も対策をとった。
外れたミラーを接着材 アロンアルフア プロ用耐衝撃   20g(アルミパック)
事前にピンセットでセット方法、セット位置を確認。
そして本体ミラー受け箇所にアロンアルファ付着。
静かにミラーをピンセットでセット。
そのあと、手袋をした手でそっとミラーを押さえつける。完了。

そして今回(8/29、30)撮影耐久テスト。実際のよさこい撮影で連写してみたのである。
撮影枚数は結果的に3000枚以上  異常なし。内心ヒヤヒヤものでしたが。

たった900円弱と自分の修正工数で済んでしまった。シャッターユニット交換なら、ネットでは2万5千円 多分技術料なるものも取られて4万から5万円でしょうね。

α900は一回シャッターユニットを取り換えているので、取り換えてから15万シャッターくらいかな。

2016年で修理対象期間が8年の期限を迎える。α900限界といえば限界なのです。
2008年発売直後購入から35万シャッターくらいかな。よく動いていただきました。

でもまだ終わってませんからね。
ファインダーの明るさはやはりα900ですね。
それと撮影時のファインダー表示がどうもα77は撮影結果も表示されるため動きの速い被写体はファインダー表示中に途切れてしまう感じがどうも違和感がある。

α900結構ボディは頑丈です。マグネシウム合金ボディは伊達じゃありません。
大事に使わねば。


画像1:外れたミラー

画像2:外れたミラーの接着面



画像3:外れたミラーが取り付けてあった部分のカメラ本体側の接着位置」

画像4:接着後

画像5:今回使用した接着剤 
取り付けにはピンセット および 手袋が必要。
接着個所に接着剤をつけてピンセットで本体位置にセット。
そのあと手袋した手で適度に押さえる。
これで完了。
ピンセットで本体位置へのセットは何回か要領がわかるまでテストする。
こんな感じで無事復旧でした。
※このアロンアルファは液体が固まるときの白い粉のようなものは出ませんでした。
別の箇所で接着剤だけを付け放置の結果です。
固まった後も若干弾力があるような感触でした。
接着作業は自己責任でお願いします。

情報提供ありがとう御座いました。
情報提供Blog

ミラー脱落日関連記事(まくろめ)

2015年8月22日土曜日

水道水漏れ

水道の検針がありました。 横須賀市は二か月に一回です。

検診の結果、そこで驚くほどの水の使用量 と比例する水道料金となった。

今までの使用実績からして、二か月分以上の使用量になっていた

どうも水漏れがしているらしい。

さっそく工務店に電話して、水道屋さんを紹介していただき本日土曜日来ていただいた。

その流出量が一分間で1リットルを超えていました。  何ということだ。

家じゅうの水道を止め、トイレ給水元栓を止め、水量計の針を見る。
下の図のところがくるくると回っている。



業者の方のお話を聞いて、水漏れ検知専門の方を呼ばないと水漏れ箇所はわからないとのこと。
市に申請をして、家の水道管の配管を閲覧できるようにしてからとのことでお願いしました。

がしかし、いったいどこで水漏れしているというのか??。
前から気になっているところがあった。
水漏れとはいても下水系配管接合部からの水漏れ。




下の図で言うと上側のトイレからの排水箇所のボックスがある。
この中の塩ビの接続部分のコンクリートが隙間を作る。
ここから水がじわじわと漏れてしまうので、いつも地面が湿っている。
そこで水漏れとは直接関係ないがコンクリートを隙間に埋める作業を開始。

ふとそこで何気なく気になって上の図の柱の部分に耳を当てたら
何やら水漏れらしいき音を感知。
水道元栓を閉めたら、音が小さくなったように感じたので、休日でもあるので、
掘り始めたのが下の図。

何やら土が水分を含んでいるのがわかったので配管を丸出しになるまで掘り返した。




そして見つけたのが下の図、銅管腐食で穴が開いているではないの。


水道メーターの元栓を開けたらご覧のとおり。
完全に水漏れです。


ということで、業者の方へ再度連絡して、水漏れ箇所判明。
工事を依頼して、無事水漏れが止まりました。


どの様に治ったのかは。
明日掲載しましょう。


それにしても最近、想定外のことがよく起きる。
注意しなくっちゃ。


今日は昨日の工事設置散水ボックス周りを整地した。

結構風もあり涼しかったですね。

設置した散水ボックス

その中には水道止水栓がある。


地面に埋め込んだ散水ボックス周りの土をふるいにかけ、砂利、石ころを選別
敷き詰めた状態。  これで完成。


水道の栓が地面にあるのでいちいち操作するには不便なので、
暇を見つけて改造をしてゆこうと思うのでした。

ネットの世界では結構こうした工事の様子を紹介したページがありますね。

久々に有意義な、仕事いや作業をしたなという感じになりました。

一件落着。







2015年8月4日火曜日

携帯電話その後

携帯電話戻ってきました。

結論から言って、電源関係の故障で新品(多分)になりました。

ボディも壊れたところがあったので交換してくれました。 よっておそらく新品になったのだと思います。

修理上がったよ の連絡がないと思っていたら電話がかかってきた。
7月25日だったかな。
携帯のメールを見たら(R) 7月15日には連絡が入っていた。  Rメールなんて見ないよね。でも修理申込書にはRメールで連絡しますとあった。(苦笑)

二週間も待たずに出来上がってきていたわけですね。

28日に引き取りにゆきましたが、現在まだ使用していません。電話帳のコピーができてないからです。


八月三日夜ようやくPC保管の電話帳、USBケーブルで複写完了。やれやれ。


使えるようにするには初期設定しかし、こんなことは、購入して一回しかしていないから全部忘れてるわけです。
認証パスワードなんていわれても、設定していた番号を入れてもNGなんだ。
思い切って0000なんて入れたら認証できてしまった。
取説には書いてあるじゃん。(苦笑)

今度は、SDカードの認証が必要と表示される。どこで設定するの?
これもクリアー。

今度は、落としたり、盗難にあった場合の使用時のパスワード設定。どこでするの?
指紋認証設定もしかり。結構面倒ですわ。

携帯電話、タブレット、PC何をとっても設定設定疲れますね。





2015年7月7日火曜日

携帯電話とタブレットのその後

前回お伝えした携帯電話が電源オンするとループにはいる。
使えなくなってしまったこと。
タブレットの電源が入らなくなってしまったこと。
タブレットの保証期間が6月20日で一年経過していること。

なんとか保証期間と言うことで対処お願いしましたら大丈夫でした。
と言うことで本日修理完了連絡が入り引き取りに行ってきました。
なんとも凄いことになっていましたよ。

マザーボード、バッテリー、バックパネル等々、これって全部じゃないのか?というくらい。
防水機能不良のためのパネル交換ほとんどですわ。外装新品になっちゃった。(爆)
そうか液晶はそのままか。でも保護カバーは外されて返ってきた。

当然と言えば当然なのだが、フラッシュメモリークリアーされてしまったので最初から設定のし直しですと。トホホなことです。

尚3ヶ月以内に同一箇所の故障が発生した場合はお申し付けくださいとあります。無償対応ですね。

自宅に戻り、電源オン、WI-FIも難なくつながり、Googlアカウントも登録して完了。
意外と簡単にできてしまった。
あとはアプリのインストールで完了です。


一方の携帯電話ですが、此方も入院です。
保証はないものと勝手に決め込んでいましたが三年保証で10月迄有ることが判明しました。製造番号からいつ販売されたかが分かるようです。購入がamazonから白ROM なのでどういう経路でドコモから販売されたかは分かりませんけど結果オーライです。

こちらは約5日間バッテリーを外しておいて土曜日にバッテリーセットして電源オン、なんと正常に動いてしまった。
どっち道ドコモにもって行き調べてもらうにはデータをすべて消去しておいた方が安全なのでオールクリアー。
ドコモ受け付け窓口90分待ちあららーーー状態(笑)
受付順番の整理券をもらって寄り道、遅い昼飯済ませて再度窓口へ。
整理券にはQRコードが付いててコードを読ませるとWebにつながる。
現在の待ち人数が表示される仕組み。 これって便利です。

30分くらい話をして預けてきました。
保証期間なので、部品の交換があっても無償ですとのこと。
現象が出ないとこれがまた厄介です。

バッテリーの持ちが非常に悪いので、すぐにわかると思うのですが。
一日で消費してしまう状態の電力消費。これっていじょうですね。

さてさて三週間の辛抱で返ってくるかですね。